カテゴリ:映画・俳優( 20 )

グレタ・ガルボ 『肉体と悪魔』

グレタ・ガルボという名前は知っていましたが、その美しさについてはほとんど知りませんでした。
d0072715_23355966.jpg


いくら私が古いとはいえ、サイレント映画をリアルタイムで観たという歳ではありません。
d0072715_23362534.jpg


ネットで『グレタ・ガルボ』で検索してその写真で一目ぼれでした。
d0072715_23363711.jpg


日本の有名なグレタ・ガルボのサイトに行けば、こう書かれてます。
『詩人ジャン・コクトーをして、エレガントの極みと言わしめた』と。
d0072715_23365164.jpg


きれい・気品・可愛らしさ、この3つがすべて揃って突出した、稀有な女優。
d0072715_23372517.jpg


生涯独身で、引退後も私生活をかたくなまで隠した。
ゆえに神聖グレタ・ガルボ帝国と言われるほど、神秘のベールで私生活を隠した人。
d0072715_23374011.jpg


この『肉体と悪魔』は彼女が20歳越えてわずかの頃だったはず。
もっとも美しい年齢の彼女が見たくてDVDを買いました。
d0072715_23375212.jpg


観たら、なかなかガルボが出ない。
待ちぼうけをかなり食わされて、やっと出たガルボ。
d0072715_2338563.jpg


『ニノチカ』の大笑いする彼女が好きなのですが、男を狂わす魔性の女役もヨカッタ~。
d0072715_23381880.jpg


でももうちょっと画像がきれいだったらなあ。
d0072715_2341578.jpg


私の記事をスルーすると映画の1シーンになります。
アハハ。
[PR]
by mayoinekoekaki | 2007-03-06 23:42 | 映画・俳優

ギャスパー・ウリエル

映画『ハンニバル・ライジング』からのギャスパー・ウリエルのキャプチャ画像です。
d0072715_22251684.jpg


う~ん、こんな風に成長してたんですね。
d0072715_22253199.jpg


まさかこんな恐怖映画、しかも大作の最新作の主演に出てるなんて驚きました。
d0072715_22254520.jpg


ハンニバル・レクター。
あの『羊たちの沈黙』の怖い人ですね。
d0072715_2226048.jpg


相手役がコン・リー。
d0072715_22261157.jpg


映画『かげろう』のイメージがまだ残ってるのですが、けっこう予告の画像では怖いお兄さんぶりが板についてる感じ。
d0072715_22262493.jpg


レクターの苦悩に満ちた若い頃の映画だそうですが、殺人鬼となった原因は何なんでしょう。
d0072715_22263650.jpg


最近ホラー映画といえば、『蝋人形の館』を観ましたが、けっこう面白かった。
[PR]
by mayoinekoekaki | 2007-02-16 22:28 | 映画・俳優

LUIZ CARLOS VASCONCELOS

久しぶりに2倍速にしないで最後まで観た映画でした。
NHKの衛生映画劇場でやってました。
『私の小さな楽園』
製作国ブラジルだったのかと、今頃気が付く。
d0072715_1711976.jpg

「そんなに気に入ったのですか?」
とツッコミが怖い位貼ってます。
d0072715_17112082.jpg

LUIZ CARLOS VASCONCELOSです。
エンドロールを見てメモしました。
d0072715_17113215.jpg

濃い男前ですね。
d0072715_17114492.jpg

ひとつの家の中に女が一人、男が3人、それぞれの男の子供がひとりずつ3人という構成で住む。
つまり、女は3人の男全員の子供をみごもったわけです。
d0072715_17115478.jpg

嫉妬しないで住んでいるのが不思議なのですが、それがちっとも違和感がない。
全員がひとつの家族でまとまっているのです。
d0072715_1712560.jpg

住んでいる土地が世界の果てのような荒れ果てた土地。
電気電話ガス水道なんて何一つないのですから、助け合わないとやっていけない。
老いた男は若い男に嫉妬しても、生きていくためには追い出せれないのです。
d0072715_17121648.jpg

生きるためには嫉妬さえも軽くなる。
それほど過酷な土地。
d0072715_17123076.jpg

若い二人は年老いた残りの男を置いて出て行こうと計画する。
d0072715_17123982.jpg

ラストの鮮やかな老人の策略には「なるほど」と思いました。
d0072715_17124969.jpg

[PR]
by mayoinekoekaki | 2007-02-03 17:13 | 映画・俳優

映画『上海の伯爵夫人』

久しぶりの映画の記事です。
なぜかというと、出てる真田広之のファンだからです。
監督がジェームズ・アイヴォリーなので、ハズレはないと思いました。
d0072715_1623778.jpg

レイフ・ファインズも好きな男優です。
『ことの終わり』でファンになりました。
d0072715_16232068.jpg

ここから画像がデカイです。
レイフ・ファインズは知的な顔立ちですね。
懇願して泣く演技がたいへん上手くて、恋愛映画、特に悲恋物にぴったり。
d0072715_16233220.jpg

余計な話ばかりしてしまいました。
あらすじはというと...
d0072715_16234516.jpg

1936年の上海。
ロシア革命から逃れてきた伯爵夫人ソフィアと盲目のアメリカ人ジャクソンが出会い、恋に落ちます。
ソフィアもジャクソンも孤独で生きる気力をなくしてましたが、出会いから生きる望みを取り戻しかけていました。
d0072715_16235623.jpg

しかし、謎の日本人マツダ(真田広之)が登場し、二人の運命を大きく変えていく。
d0072715_1624774.jpg

イヤミたっぷりの悪役のようです。
d0072715_16241938.jpg
d0072715_1624356.jpg

突然始まった日本軍の侵攻。
d0072715_16244871.jpg

d0072715_1625111.jpg

二人は離れ離れになってしまう...
d0072715_16251212.jpg

激動の時代の運命的な愛を、壮大なスケールで描く...
d0072715_16252223.jpg

予告の映像ではあまり引きの映像がなくて壮大さがイマイチでしたが、キチンとみたら壮大なのかも。
d0072715_16253533.jpg

この上の映像ですが、右のはしの日本人らしき人がマツダ(真田広之)でしょうか。
もしやクライマックスシーン??

ジェームズ・アイボリー監督は映像がとてもきれいで、いつもうっとりさせられたのですが、今回は戦争が絡むのですね。
登場人物の感情の細かな描写が見事な監督なので、期待しています。
[PR]
by mayoinekoekaki | 2006-11-10 16:27 | 映画・俳優

映画『ヘイブン 堕ちた楽園』

オーランド・ブルームとゾーイ・サルダナの共演のインディーズ作品の映画です。
d0072715_23182923.jpg

恋愛によって破滅していく恋人たちのサスペンス映画です。
d0072715_23184019.jpg

オーリにしてはめずらしい、濃いキスシーンがありました。
d0072715_23185063.jpg
d0072715_2319757.jpg


インタビュー映像が少し出てました。
d0072715_23193270.jpg

オーリの有名な怪我の話ですね。
d0072715_23192124.jpg

たいへんな大怪我だったので、傷は目立たないけど、けっこう長いです。
d0072715_23194129.jpg

傷自慢のように見せるオーリ。
小学生のやんちゃ坊主のようで可愛かったです。
[PR]
by mayoinekoekaki | 2006-09-22 23:30 | 映画・俳優

俳優 ディエゴ・ルナ Diego Luna /映画『ダンシング・ハバナ』

d0072715_13534532.jpg

映画『ダンシング・ハバナ』を観ました。
おもしろいと奨められて、ちょうどWOWOWで録画していたので、観ました。
女性もたいへん可愛い人でしたが、相手役のディエゴ・ルナがキュートでした。
d0072715_13594679.jpg


1979年メキシコ・シティ生まれ。
7歳から舞台に出演。
数多くのTVシリーズに出演するかたわら、舞台でも活躍。

d0072715_1423995.jpg


2000年には、『夜になるまえに』で初の英語作品に挑戦。
続く『天国の口、終りの楽園。』(01)では、幼なじみの親友ガエル・ガルシア・ベルナルと共演。

d0072715_1454079.jpg

『フリーダ』(02)、『ヴァンパイア/黒の十字架』(02)、『ワイルド・レンジ/最後の銃撃』(03)などに出演。

d0072715_1461393.jpg


スティーヴン・スピルバーグ監督の『ターミナル』(04)では、空港職員の青年を爽やかに演じた。
他、ジョン・C・ライリー共演の『Criminal』(04)がある。

d0072715_1471130.jpg


彼の履歴は『ダンシング・ハバナ』の公式サイトのCASTからお借りしました。
画像はすべて『ダンシング・ハバナ』からキャプチャしました。
[PR]
by mayoinekoekaki | 2006-09-01 14:11 | 映画・俳優

映画 『マッチポイント』 ジョナサン・リース・メイヤーズ 

ウディ・アレンの最新作です。
舞台がニューヨークからロンドンになっています。
d0072715_16543818.jpg

お相手はスカーレット・ヨハンソンです。
d0072715_1655391.jpg

ジョナサンが久しぶりに主演で見応えのある役のようでうれしいです。
d0072715_16545290.jpg

カンタンにあらすじを紹介しますと......
d0072715_175138.jpg

主人公クリスは大金持ちのトムの妹と結婚します。
d0072715_16552731.jpg

しかし。
親友トムの婚約者ノラ(スカーレット)に会い、たちまち激しい恋に落ちます。
d0072715_1771134.jpg

ノラとの情事に溺れながら、今の裕福な暮らしも失いたくない彼。
ついにある計画を実行します。
d0072715_16553871.jpg


最後は泣いてるシーンが予告で出てましたが、さてさてどうなることでしょう。
『ベッカムに恋して』で好きになったジョナサンですが、あの普通の青年役も良かったのですが、欲望にとらわれた男の役も、楽しみです。
[PR]
by mayoinekoekaki | 2006-08-10 16:44 | 映画・俳優

映画『サマータイムキラー』 主演クリストファー・ミッチャム

アントニオ・イサシ (監督)
クリストファー・ミッチャム
オリビア・ハッセー
製作年 1973年 103分
d0072715_15411269.jpg

d0072715_15412888.jpg

次々と発生するマフィアの暗殺事件。
それは子供の頃に殺された父の復讐を誓う青年・レイの仕業だった。
d0072715_15415577.jpg
d0072715_15421037.jpg
d0072715_15422632.jpg
d0072715_15424263.jpg
d0072715_15425924.jpg

レイはマフィアのボスの娘のタニアを誘拐し、ボート小屋に監禁する。
はじめは激しく衝突するタニアとレイだったが、いつしか恋の炎が燃え始める。
(といっても、ぜんぜん女優の画像を貼ってないやん)
d0072715_15431145.jpg
d0072715_15432379.jpg
d0072715_15433645.jpg

けっこう脇役俳優さんは実力派で脇を固めてました。
ムダにクリストファー・ミッチャムの、顔の画像を貼りました。
音楽がフォーク調で、キレイな海が印象に残ります。
d0072715_1544219.jpg
d0072715_15441433.jpg
d0072715_15442685.jpg

(あー、ここにぽちっと出てますねー。)
d0072715_15443747.jpg

人を殺す前のシーンなのですけど、殺気というものがぜんぜんありまシェン!!
でも、それが許せる特異な人でした。(だって可愛いから...)
d0072715_15414319.jpg

1973年7月公開作品。
たいへん古い映画なのですが、レンタル屋でDVDが再入荷のラベルを貼られて入荷してました。
「懐かしい」が第一声でした。
昔は「薄い映画だなー」というイメージでしたが、今見ると緊迫感のない甘さが、返って癒しに感じました。
[PR]
by mayoinekoekaki | 2006-07-28 16:39 | 映画・俳優

ケヴィン・ゼガーズ Kevin Zegers  映画『トランスアメリカ』

予告を見てたら、この俳優さんがちょっとキラリと光るものを感じました。
d0072715_1313963.jpg

Kevin Zegers
生年月日 1984年9月19日
出身地 カナダ/オンタリオ州
d0072715_1334835.jpg

映画『トランスアメリカ』もたいへん評判が良いようです。

男性であることに違和感をもつ性同一性障害の主人公の話です。
必死に働いてお金を貯めて、いよいよ性転換手術を受けるという時。
男であったときにできた実の息子に出会います。
実の息子役が、ケヴィン・ゼガーズです。
実の息子というのを隠したまま、車でアメリカ横断の旅に出る二人。
d0072715_13105272.jpg


ちょっとネットで画像をひろってきました。
YAHOOムービーからです。
d0072715_1316586.jpg

なるほど。
笑顔を1枚アップ。
d0072715_1318543.jpg

ストーリーも面白そうだし、主演の男性がかなりの芸達者のようだし、ぜひ観てみたいです。
[PR]
by mayoinekoekaki | 2006-07-26 13:25 | 映画・俳優

映画 『サマードレス』(1997)

映画の冒頭のシーンでした。
バンバンの歌を、ハスキーボイスで歌いながら踊る、セバスチャンの可愛らしさに魅了されました。
二人の男は恋人同士です。
踊る男性が「愛してる?」と聞くと、「つまらない」と答える相手。
ノッてこない恋人を誘うように踊ります。

d0072715_2345347.jpg
d0072715_235897.jpg
d0072715_2352195.jpg
d0072715_235367.jpg
d0072715_2354918.jpg
d0072715_236172.jpg
d0072715_2361391.jpg
d0072715_2362664.jpg

d0072715_2384795.jpg
d0072715_2391942.jpg

d0072715_23124037.jpg
d0072715_23125222.jpg
d0072715_2313576.jpg
d0072715_23134314.jpg
d0072715_23135477.jpg


1997年作品 フランス 15分

監督・脚本はフランソワ・オゾン。
出演はフレデリック・マンジュノ、セバスチャン・シャルルほか。
セバスチャン・シャルルはプロのダンサーです。


数々の賞を総なめにした映画でしたが、監督の感覚の新しさ、映像センスの良さ、見終わった後に、かすかに残るほろ苦さ、そういったものを感じました。
[PR]
by mayoinekoekaki | 2006-07-23 00:00 | 映画・俳優